コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハルトラノオ(春虎の尾) ハルトラノオPolygonum tenuicaule

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハルトラノオ(春虎の尾)
ハルトラノオ
Polygonum tenuicaule

タデ科の多年草。本州,四国,九州に分布し,山地の木陰に生える。根茎は長く地をはい,暗褐色で肥厚した節があり,ところどころ地上に出ている。根出葉は2~3枚で長柄があって叢生し,質は薄い。茎葉は1~2枚で短柄があり,初め小さいが花時を過ぎると大きくなる。2~3月,長さ3~10cmの花茎の先に長さ2~3cmの総状花序を出して白色の小花を密生する。萼は5深裂し,各裂片は長楕円形。花弁はない。おしべは8本,子房の先には糸状花柱が3本ある。春一番に咲く「虎の尾」 (イブキトラノオ〈伊吹虎の尾〉 ) ということでこの名があり,いろは 47文字の最初をとってイロハソウの別名もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ハルトラノオ(春虎の尾)の関連キーワードイブキトラノオ伊吹虎の尾

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android