コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブキトラノオ

百科事典マイペディアの解説

イブキトラノオ

タデ科の多年草。北海道〜九州,北半球に広く分布日当りのよい山地や高山にはえる。茎は直立し,高さ70cm内外,柄に翼のある披針形の葉を互生する。根出葉は柄が長い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イブキトラノオ【bistort】

山地,高山などの日当りのよい草原に生えるタデ科の多年草(イラスト)。エビ状に屈曲した太い地下茎が分岐して団塊状に集まるので,株は叢生(そうせい)する。根出葉は長い葉柄があり,広披針形,長さ8~20cm,茎は直立し30~80cm,上部の葉は茎を抱く。葉鞘(ようしよう)は膜質花期は7~8月。花は茎の先端に密な穂状につく。花被片は5枚,白ないし淡紅色,長さ3mm。おしべは8本,花柱は3本,雌雄異熟で蜜腺をもつ虫媒花である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イブキトラノオ
いぶきとらのお / 伊吹虎尾
[学]Polygonum bistorta L.

タデ科の多年草。根茎は太く短い。茎は直立し、高さ0.5~1メートル、根出葉は卵状長楕円(ちょうだえん)形で長柄があり、先はとがり、基部は切形(せっけい)で長く柄に流れ、長さ8~20センチメートル、表面は深緑色、裏面は淡緑色、無毛または有毛。茎葉は柄が上部にいくにしたがってしだいに短く、中部では無柄で茎を抱き、上部では線形で葉耳があり、いずれも長い葉鞘(ようしょう)がある。花期は7~9月で、円柱形の穂状花序に密に白または淡紅色の花をつけ、花被片(かひへん)は5枚で長さ3ミリメートル。雄しべは8本で花外に抽出する。痩果(そうか)は三稜(さんりょう)形で長さ3ミリメートル、黒褐色で光沢がある。北海道から九州にかけての山地の草原に群生し、北半球の温帯上部から寒帯に広く分布する。名は、産地の滋賀県伊吹山と、トラの尾状の細長い花穂に由来する。[小林純子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イブキトラノオの関連キーワードイブキトラノオ(伊吹虎の尾)ハルトラノオ(春虎の尾)タデ(蓼)戦場ヶ原山大黄海老草拳参柳草

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android