コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハロゲン化シアン ハロゲンかシアンcyanogen halide

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハロゲン化シアン
ハロゲンかシアン
cyanogen halide

塩化シアン CNCl ,臭化シアン CNBr ,ヨウ化シアン CNI などの総称。塩化シアンはシアン化水素水溶液に塩素を作用させてつくられる液体で,比重 1.186,沸点 13.8℃。水,アルコール可溶。蒸気は刺激臭が強く猛毒。毒ガス,化学合成原料として使われる。臭化シアンは針状晶または立方体結晶で,融点 52℃,沸点 61~62℃。刺激臭強く,猛毒。水,アルコールに易溶。不純な臭化シアンは分解しやすく,爆発性がある。ヨウ化シアンは白色針状物質で刺激臭が強く,辛みがある。融点 146~147℃で,水,アルコール,エーテルなどに可溶。猛毒で,防虫剤,昆虫標本用に使用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android