コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハワイボルケーノ国立公園 ハワイボルケーノこくりつこうえん

1件 の用語解説(ハワイボルケーノ国立公園の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ハワイボルケーノこくりつこうえん【ハワイボルケーノ国立公園】

アメリカのハワイ州ハワイ島、世界最大級の火山マウナロア山(4169m)と火山活動が激しいキラウエア山(1247m)を含む広大な国立公園。煙霧立ち上がるカルデラから緑豊かなジャングルまで広がっている。キラウエア山の女神「ペレ」が住んでいるといわれる、深さ400m、直径900mのハレマウマウ火口や白煙と溶岩を噴出している異様な光景を目にすると、想像を絶する火山活動の迫力が実感できる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハワイボルケーノ国立公園の関連キーワードハワイアン音楽ハワイ諸島コナマラソンはわいハワイウォータービッグアイランド国際マラソンラニ・ハワイハワイ[島]ハワイ[諸島]ハワイ火山国立公園

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone