コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハンガリーの国会議事堂 ハンガリーのこっかいぎじどう

1件 の用語解説(ハンガリーの国会議事堂の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ハンガリーのこっかいぎじどう【ハンガリーの国会議事堂】

ハンガリーの首都ブダペストにある、ネオゴシック様式の建造物。ドナウ川に沿って建ち、長さ268m、奥行き118m、高さ96mのドームを載せた同国最大の建物で、完成までに17年を要した。外観はウィーンの王宮にも引けをとらない華麗さを表現し、ドナウ川からの景観はハンガリー人の威信を示そうとする美しさがある。内部は国内外から取り寄せた大理石に金張りを施したアーチやヴォールト、ドームで構成されている。この建物は、ハンガリー近代化の出発点ともいわれる。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone