ハンティントン・ライブラリー(英語表記)Huntington Library

世界大百科事典 第2版の解説

ハンティントン・ライブラリー【Huntington Library】

アメリカのロサンゼルス郊外サン・マリノにある私立図書館。実業家ハンティントンHenry E.Huntington(1850‐1927)が1919年に創立した。イギリスとアメリカの歴史と文学に関係のある膨大な数の古写本,原本,古地図,書簡,日記などを収集している。代表的なものに,15世紀半ばのグーテンベルク版聖書,1410年ごろの《カンタベリー物語》の豪華な写本,B.フランクリンの自筆の《自叙伝》原稿などがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

信用スコア

決済履歴や借り入れ情報などの個人データを分析し、各人の信用度を数値化したもの。スコアが高いほどローンの借り入れ、クレジットカードの利用、不動産契約、就職活動などで優遇される仕組みで、米国や中国では広く...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android