コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古地図 こちず

4件 の用語解説(古地図の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古地図
こちず

作成年代の古い地図の総称。年代についての定義はない。地図作成の技術史的な面からみれば,測量の技法が確立し,器具が発達して近代的な地図がつくられるようになったこととか,印刷による大量作成が可能になったこととかが,一つの分岐点となりうる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こ‐ちず〔‐チヅ〕【古地図】

16、7世紀以前の、主として手書きによって作製された地図。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

古地図【こちず】

古い時代の地図。図法や印刷技術が進歩した16世紀以降の近代的地図とは一応区別される。古いものでは,メソポタミアの粘土板市街図(前3000年ころ),パピルスに描かれた前1320年ころのエジプトの金山の図,バビロニアの粘土板の世界地図(前500年ころ)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

こちず【古地図】

近世以前に作成された地図。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古地図の関連キーワード図法正角図法正積図法投射図法平射図法星形図法古版本進歩的展開図法田中松太郎

古地図の関連情報