コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハンマー・プルクシュタル Joseph Freiherr von Hammer‐Prugstall

世界大百科事典 第2版の解説

ハンマー・プルクシュタル【Joseph Freiherr von Hammer‐Prugstall】

1774‐1856
オーストリアの外交官,東洋学者。グラーツに生まれ,ウィーンの東洋語学校に学び,東洋諸国語の通訳として活躍,後に宮廷通訳官,男爵,学士院長となった。西洋諸国語に加え,アラビア語,ペルシア語,トルコ語にも通じ,多数の翻訳・著作を残した。とりわけ,《オスマン帝国史》10巻(1827‐32)は,史料批判に問題を残すが,豊富なトルコ語史料に基づく通史として現在でも有用である。【鈴木 董】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のハンマー・プルクシュタルの言及

【トルコ学】より

…16世紀のビュズベクOgier Ghiselin de Busbecq(1522‐99),17世紀のリコーPaul Rycaut(1628‐1700),18世紀のドーソンIgnatius Muradgea D’ohsson(1740‐1807)らの報告・研究があげられる。しかし,トルコ学を近代的学問の基礎の上に築いたのは,オーストリアの外交官・東洋学者ハンマー・プルクシュタルであった。彼が年代記や古文書のトルコ語史料を駆使して書き上げた《オスマン帝国史》は,今日なお利用価値をいささかも失っていないばかりか,このほかに,《キプチャク・ハーン国史》《イル・ハーン国史》《クリム・ハーン国史》などをも著し,トルコ学・モンゴル学の創始者となった。…

※「ハンマー・プルクシュタル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハンマー・プルクシュタルの関連キーワード6月9日西東詩集

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android