コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーグ陸戦法規 ハーグリクセンホウキ

デジタル大辞泉の解説

ハーグ‐りくせんほうき〔‐リクセンハフキ〕【ハーグ陸戦法規】

陸上での戦闘における武力行使等に関する規則について定めた多国間条約。戦時国際法の一つ。交戦者の資格、捕虜待遇、戦闘における禁止行為、降伏休戦占領の条件などについて定めている。1899年の第1回ハーグ平和会議で採択され、1907年に改訂。日本は明治44年(1911)に批准した。ハーグ戦争規則。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ハーグ陸戦法規の関連キーワード背信行為戦時占領スパイ戦闘員陸上

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android