交戦者(読み)こうせんしゃ(英語表記)belligerents

  • こうせんしゃ カウセン‥
  • こうせんしゃ〔カウセン〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国家間の武力紛争において,戦闘に従事する軍隊民兵および義勇兵団をさす。 1899年にハーグで締結された「陸戦法規慣例に関する規則」第1条では,これらの集団隊長統率のもとにあり,特殊の徽章を付し,公然と兵器を携帯し,戦争の法規慣例を遵守するものと定めている。急速な敵の侵入にあたり編制の余裕のなかった民兵も,法規を守るとき交戦者と認める。交戦者には戦争法が適用され,交戦者が敵に捕えられたとき,原則として捕虜待遇を受ける。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 交戦軍。また、それを構成する人々。戦闘員と非戦闘員を含む。
※陸戦の法規慣例に関する規則(明治三三年)(1900)二二条「交戦者は、害敵手段の選択上無限の権利を有することなし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android