コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーツバーグ Herzberg, Frederick

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハーツバーグ
Herzberg, Frederick

[生]1923.4.18. マサチューセッツ,リン
[没]2000.1.18. ソルトレークシティ
アメリカの経営学者。 1950年ピッツバーグ大学で博士号を取得,1957年ウェスタン・リザーブ大学教授となり,1972年からユタ大学特別教授。この間多数の企業,行政機関でコンサルタントとして活躍。彼は仕事に人を動機づけるのは賃金,地位などの衛生要因ではなく,自己実現とか仕事そのものといった要因であり,それは職務充実を果すことで満たされるという「動機づけ=衛生理論」を提唱した (→衛生要因・動機づけ要因 ) 。主著"Job Attitudes: Research and Opinion" (1957) ,"The Motivation to Work" (1959) ,"Work and the Nature of Man" (1966) ,"The Managerial Choice: To be Efficient and To be Human" (1976) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ハーツバーグ【Gerhard Herzberg】

1904~1999) ドイツ生まれのカナダの物理学者。分子分光学で多くの業績をあげる。なかでも寿命が短く測りにくい遊離基の吸収スペクトルの測定に成功、その構造を決定し、化学反応機構の解明に大きな進歩を促した。ヘルツバーグ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ハーツバーグの関連キーワード吸収スペクトル化学反応機構ヘルツバーグ動機づけ職務満足物理学者遊離基

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android