コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーラル4世 ハーラルよんせいHarald IV Gille

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハーラル4世
ハーラルよんせい
Harald IV Gille

[生]1103頃.アイルランド
[没]1136. ノルウェー
ノルウェー王 (在位 1130~36) 。先王マグヌス2世 (裸足王) の庶子を名のり,ノルウェーシーグル1世 (エルサレム巡礼者王) に王位を要求。シーグル1世の兄弟であることが承認されたため,そのかわりにシーグル1世と彼の息子マグヌス (のちのマグヌス3世〈盲目王〉) の生存中王位を要求しないことを約したが,シーグル死後約束を破り,王位を宣言。マグヌス3世とともに3年間の共同統治ののち,戦争状態に入り,一度は敗れた (34) が,デンマークエーリック2世の援助を得てマグヌスを破り,捕えて盲目にした (35) 。しかし翌年マグヌス3世の子と称するシーグル・スレムビイに暗殺された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハーラル4世の関連キーワードエーリック1世鳥羽天皇マグヌス2世岳飛・嶽飛岳飛鳥羽天皇源有仁鄭樵鳥羽天皇岳王廟

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone