コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイオテレメーター biotelemeter

世界大百科事典 第2版の解説

バイオテレメーター【biotelemeter】

近年開発が進められた小型の電波発信機で,野生動物の体に検出器送信機アンテナを取りつけ,その受信電波によって動物の位置,動きのほか,そしゃく心拍などの行動や生理状態をも遠隔傍受する装置をいう。野生動物の生態学や行動学的な研究に広く用いられ,とくに夜行性の動物や森林に生息する動物など視覚による追跡の困難な動物や,接近に危険を伴う猛獣の移動や個体群密度などの解析,あるいは渡り鳥のような長距離移動をするものの追跡にも有効である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android