コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイオナーサリー bio-nursery

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイオナーサリー
bio-nursery

バイオテクノロジーを利用した育種技術。バイオテクノロジーとナーサリー (育種・苗床) を組み合わせた合成語。ウイルスフリー苗の生産は代表的な例である。園芸作物ではウイルスによる病害が深刻である。たとえば,ブドウの苗木が味なし果病ウイルスに感染しても,果実の甘味が失われる以外はっきりとした症状がないので,収穫期まで感染に気づかないことが多い。そのため現在ではウイルスフリー苗を農家に供給することによる防除が推進されている。また,1987年からは農林水産省によるバイオナーサリーシステムの研究開発プロジェクトが進められている。このようなバイオナーサリーによる種苗は病害に強いなどの特性が示され,多品種にわたる開発・供給が行なわれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android