コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイキング船 バイキングせん

1件 の用語解説(バイキング船の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

バイキングせん【バイキング船】

細長く両先端の反った船で,バイキングやその当時の北欧で使用された。このような船形の船は,前2000年にさかのぼる歴史をもつが,バイキング船に固有の特徴は竜骨の採用で,これによって帆走が可能になり,横波に対する安定が得られた。考古学に基づく実験では,大西洋横断に成功している。喫水が浅く,船のどちら側からでも岸辺に乗り上げることができる。両舷に同数のオール穴があり,船の大きさは左右1対のオール穴をもつ座席の数で表される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のバイキング船の言及

【舟∥船】より

…そして文化が進むにつれてもっと大きい舟が必要になり,それぞれの構造様式が発達し,変形し,入り交じって,現在われわれの知っている船の構造ができ上がってきた。例えば有名なバイキングの船は,薄い木板を鉄釘で縫い合わせて船の形を作り,後から木材の肋骨を入れて補強しているが,このバイキング船の構造には,革舟の影響が色濃く残っている。
[地中海における発達]
 現在記録に残っている最古の船はエジプトのナイル川の舟とされている。…

※「バイキング船」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バイキング船の関連情報