コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バウエラ Bauera rubioides Andr.

世界大百科事典 第2版の解説

バウエラ【Bauera rubioides Andr.】

ユキノシタ科の常緑低木。葉や樹姿がエリカに似ているのでエリカモドキとも呼ばれるが,類縁的には関係がない。花屋で〈愛のかんざし〉の名で呼ばれることもある。花は直径1.5~2cm,花弁は8枚前後で,紫をおびた淡紅色または白色。かんざしのように下を向いて垂れて咲く。原産地オーストラリアタスマニア。枝は細くやや横に向く。高さは50cmくらいだが,原産地では2mにもなる。葉は小さく,長さ1cmくらいで,深く3裂し,各片は長楕円形,縁に鋸歯がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

バウエラの関連キーワードユキノシタ科

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android