コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バウハウス展示館 バウハウスてんじかん

1件 の用語解説(バウハウス展示館の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

バウハウスてんじかん【バウハウス展示館】

ドイツの首都ベルリン(Berlin)にある、バウハウスに関する絵画、家具、建築模型、図面などを展示している美術館博物館)。開館は1979年。パウル・クレー、ワシリー・カンディンスキー、モホイ=ナジ・ラースローなどの作品のほか、バウハウスの理念を実践した建築プランや図面、生活用具など、さまざまな作品・資料の展示が行われている。◇バウハウスとは、1919年にドイツワイマールヴァイマール)に設立された美術と建築に関する学校である。その後デッサウ、ベルリンに移転し、1933年に発足したナチス政権により閉鎖された。その間はわずか14年間だが、モダニズム建築に多大な影響を与えた。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

バウハウス展示館の関連キーワード三B政策勝又悠パーマーの危機脱出ベルリン・ゲームベルリン・天使の詩ベルリンの葬送ヘリコップ紺青三B政策さんビーせいさく

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone