バウハウス展示館(読み)バウハウスてんじかん

世界の観光地名がわかる事典の解説

バウハウスてんじかん【バウハウス展示館】

ドイツの首都ベルリン(Berlin)にある、バウハウスに関する絵画、家具、建築模型、図面などを展示している美術館(博物館)。開館は1979年。パウル・クレー、ワシリー・カンディンスキー、モホイ=ナジ・ラースローなどの作品のほか、バウハウスの理念を実践した建築プランや図面、生活用具など、さまざまな作品・資料の展示が行われている。◇バウハウスとは、1919年にドイツのワイマール(ヴァイマール)に設立された美術と建築に関する学校である。その後デッサウ、ベルリンに移転し、1933年に発足したナチス政権により閉鎖された。その間はわずか14年間だが、モダニズム建築に多大な影響を与えた。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android