コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バウレ族 バウレぞく Baule

1件 の用語解説(バウレ族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バウレ族
バウレぞく
Baule

コートジボアール中部のコモエ川バンダマ川にはさまれた地域に住むアカン諸族の一民族。ニジェールコンゴ語派のクワ諸語に属するトゥイ語を話す。バウレ族の先祖は,1750年頃現在地に移住し,先住民を同化したアシャンティ族の分族であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のバウレ族の言及

【アフリカ】より

…アフリカは面積3030万km2,人口7億2036万(1996),面積ではアジアに次ぐ世界第2の大陸である。赤道をはさんで同心円状に,熱帯雨林,サバンナ,砂漠,地中海気候帯と多様な自然をもっている。サハラ砂漠をはさんで,北は西アジア・地中海世界とひとつづきのハム・セム系の文化をもつ白人(コーカソイド)が支配的な白人アフリカ,南は,ピグミーやコイサン(サン,コイ・コイン)の非黒人先住民と,おそらく北西部から移住拡散した黒人(ニグロイド)の世界,すなわち黒人アフリカである。…

【コートジボアール】より

…【端 信行】
[住民,社会]
 コートジボアールには,約60の部族が存在するといわれるが,大別すると四つのグループに分かれる。その第1は,アニ族,アブロン族,バウレ族などアカン系諸語を話すグループであり,17世紀末から東の現ガーナ方面から移住してきたものである。これらの部族は王国形成を行っている。…

※「バウレ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バウレ族の関連キーワードコートジボアールコルホゴダロアフランス領西アフリカヤムスクロコートジボワールアダマワ高原ヌゼレコーレ《コートジボアールおよび隣接地域諸語比較語彙》コート・ジボアール民主党

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone