コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バウンティ号の反乱 バウンティごうのはんらん Bounty Mutiny

1件 の用語解説(バウンティ号の反乱の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バウンティ号の反乱
バウンティごうのはんらん
Bounty Mutiny

1789年4月 28日,タヒチ島から西インド諸島におもむく途中のイギリス軍艦『バウンティ』号の副艦長 F.クリスチャン以下乗組員 45名が,W.ブライ艦長に対して起した反乱。ブライ艦長と 18名の部下はボートで 6400km漂流して同年6月 14日ティモール島に漂着。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のバウンティ号の反乱の言及

【タヒチ[島]】より

…〈理想郷〉の汚染は急速で,最初の訪問からわずか8年後,1777年に3度目の訪問をしたクックが住民の生活の荒廃を嘆いているほどであった。 当時タヒチ島では,各地区に割拠する大小の首長たちの間で抗争が繰り返され,全島を支配する権力を欠いていたが,この状態に終止符を打ち,全島の政治的統一に貢献したのは,バウンティ号の反乱者たちである。ウィリアム・ブライに率いられたバウンティ号は,西インド諸島に運ぶパンノキの苗木を入手する目的で1788年にタヒチを訪れ,5ヵ月間滞在した。…

【ピトケアン[島]】より

…考古学的な証拠から先住民がいたのは明らかであるが,彼らがどこから来てどこへ去ったのかは不明である。けわしい崖に囲まれ,面積5km2,人口55人(1995)のこの島が有名なのは,住民たちの出自の特異性のためで,彼らの大部分はバウンティ号の反乱を起こした水夫たちとタヒチ島の女性たちとの子孫である。1789年トンガ諸島沖合で,バウンティ号の航海士フレッチャー・クリスチャンらは司令官ウィリアム・ブライと反乱にくみさぬ士官たちをボートに乗せて追放し,バウンティ号の乗取りに成功した。…

【木曜島】より

…現在の主産業は真珠養殖とエビ漁である。1789年にバウンティ号の反乱で追放されたW.ブライ艦長らが漂流,来航し,近くの水曜島,金曜島などとともに命名したといわれる。【谷内 達】。…

※「バウンティ号の反乱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バウンティ号の反乱の関連キーワードタヒチ島タムレタヒチタヒチアンダンスタヒチの女たちタヒチ・モーレア国際マラソンヘイヴァイタヒチハワイ王国残留孤児・婦人訴訟判決タヒチ語

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バウンティ号の反乱の関連情報