コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バジリカータ州 バジリカータBasilicata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バジリカータ〔州〕
バジリカータ
Basilicata

イタリア南部,ルカノアペニン山脈と麓の丘陵地帯を占める州。州都ポテンツァ。南東はタラント湾にのぞみ,南西の一部はチレニア海に面する。古くはルカニアと呼ばれ,ビザンチンによる支配,ノルマン人の占領などを経たのち,13世紀にナポリ王国に属し,1860年にサルジニア王国に併合された。海岸を除き開発の遅れた農業地域で,穀物,ブドウ,オリーブの栽培と牧畜のほか,最近はタバコ,野菜,花卉の栽培と酪農が発達してきた。食品加工のほかみるべき工業はないが,天然ガス田がマテラの近くで発見された。面積 9992km2。人口 59万 1897 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

バジリカータ州の関連キーワードマテーラの洞窟住居と岩窟教会公園サンフランチェスコダッシジ教会サンタマリアディイドリス教会サッソカベオーゾサッソバリサーノマテーラ大聖堂メルフィベノザ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バジリカータ州の関連情報