コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バズワード ばずわーど

5件 の用語解説(バズワードの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

バズワード

人に関心を持ってもらうため、もっともらしい説明が付けられた専門用語のこと。Web2.0ユビキタスなどをバズワードという意見もある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

知恵蔵の解説

バズワード

一見、説得力のある言葉のように見えて、実は定義や意味があいまいなキーワードのこと。主にコンピューターの世界で多用されているが、政治や一般生活の中でもバズワードが生まれている。
コンピューター分野でのバズワードとして有名なのは、「ユビキタス」、「クラウドコンピューティング」、「Web2.0」など。こうした言葉を耳にすると、ITの新時代がやってきたという壮大な感覚を抱くが、具体的に何を指し示すのか特定されていない上、思い描くイメージも人によってまちまちだ。たとえば最近注目を集めている「クラウドコンピューティング」は、ウェブネットワークを雲(クラウド)に見立てた、新しいIT利用のあり方を示すが、どんな形のものを、どの範囲まで入れるのか定義づけされておらず、統一した見解もない。こうした「何だかすごそうだけれど、ぼんやりとしていてよく分からない」という言葉がバズワードだとされており、時代を的確に表現する新しい造語や、商品やサービスの特徴を表すキャッチコピーとは違い、しばしば社会を混乱させるワードとして否定的にとらえられている。この他、コンピューター分野以外では、「人間力」、「複雑系」、「マルチメディア」などもバズワードだと言われている。
そもそもバズワードの「バズ(buzz)」とは、蜂のブンブンという音のことで、人を騒がせる耳障りな流行語を暗に表している。2009年夏の衆議院議員選挙で自民党麻生太郎前首相が唱えた「責任力」も、具体性に乏しいバズワードだとされ、国民にたいしてあいまいな言葉だと批判された。
バズワードは、もっともらしい言葉が出ては消える現代社会の象徴でもあるが、使われているうちに定義が明確になり、一般的な理解が広まっていくと、バズワードではなくなり、共通認識を得た言葉として定着していく。

(高野朋美  フリーライター / 2009年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

バズワード(buzzword)

いかにも専門的に聞こえるが、実は意味が不明確なまま世間で通用している言葉。→プラスチックワード

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バズワード
ばずわーど
buzzword

定義や意味が曖昧(あいまい)でわかりにくく、もったいぶった専門用語、宣伝文句、キャッチフレーズ、キーワードなどのこと。buzzには、「(昆虫などが羽を)ブンブン鳴らす」「(うわさなどを)ささやく、広める」などの意味があり、buzzwordには「耳障りなことば」という意味も含まれる。IT、コンピュータ用語においては、古くは「マルチメディア」、近年は「クラウドコンピューティング」「ユビキタス」「ビッグデータ」などが、バズワードの代表例とされる。これらは、時代を象徴するキーワードのようにみえて、人や用いる文脈により意味する内容がさまざまであるという共通点がある。しかし、頻繁に使われていくうちにイメージが明確となり、内容についても共通認識が生まれることで、一般用語として定着するものもある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バズワードの関連情報