コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バズ・セッション バズ・セッションbuzz session

翻訳|buzz session

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バズ・セッション
buzz session

バズ学習」とも呼ばれる。小集団学習法の一種。ミシガン大学の J.フィリップスにより創案された。6人ぐらいのグループに分れ,くつろいだ雰囲気で話合いを進めながら問題の解決に近づこうとするもの。各グループのがやがやと話合いを進める状況が,ハチの飛びかう羽音に似ていることからこの呼び名が用いられた。一斉教授と併用することによって相補的な効果をあげることができるとされている。当初は6人ずつが6分間ずつ話合う方式がとられ,6-6討議 (法) などとも呼ばれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

バズ・セッション

会議や演習に用いられる1手法。 参加者を少人数のグループ(原則6名)に分けて、自由に討議させ、そこで得られた結論をグループの代表者が発表し、さらに参加者全体としての討議を進める、というもの。 バズとはハチのブンブンという羽音のこと。討議が活発に行われる様子をさしている。

出典|ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について | 情報

バズ・セッションの関連キーワード討議法

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android