一斉教授(読み)いっせいきょうじゅ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一斉教授
いっせいきょうじゅ

学級全員に対し同時に同一の内容を教授する学習指導法。日本では学制の施行に伴って導入され,中央集権的,画一主義の教育体制のもとで定着した。これに対し,第2次世界大戦後の教育民主化の動向のなかで個別教授,グループ学習など子供の個性に対応する学習指導法が強調された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いっせい‐きょうじゅ ‥ケウジュ【一斉教授】

〘名〙 学級の全児童を対象として授業を行なうこと。個別教授、グループ教授に対していわれる授業の形態

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android