コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バターン会戦 バターンかいせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バターン会戦
バターンかいせん

太平洋戦争中,フィリピンのバターン半島において日本軍とアメリカ=フィリピン軍との間で行われた会戦。 1942年1月本間雅晴中将の率いる日本軍はマニラを占領したが,アメリカ=フィリピン軍の総司令官 D.マッカーサーは,マニラ港をふさぐ地形にあるバターン半島とコレヒドール島に抵抗陣地を構築した。のちマッカーサーの後任の J.ウェーンライト中将の指揮で,42年4月9日までバターン半島攻防戦が展開され,日本軍の勝利となった。その直後,バターン死の行進が起った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

バターン会戦の関連キーワードマーカット ウィリアム

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android