バダーリー文化(読み)バダーリーぶんか(英語表記)Badārī culture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バダーリー文化
バダーリーぶんか
Badārī culture

約前 4000年頃の上エジプトの先王朝時代 (金石併用時代) の文化。中部エジプトのナイル川東岸のバダーリーが標準遺跡。ターサ文化から直接発達したもので,初めて銅が利用された (ピン,ビーズ) 。住居は泥土製の簡単なもので,墓は円形か方形の竪穴墓であった。黒頂土器が発達し,櫛,腕輪,スプーンなどの象牙製品,スレート製のパレット (化粧皿) ,石製ビーズなどが発見された。しかしナイフ,スクレーパー,鏃などの石器もまだ使用されていた。なおシリア産の松材や松脂が輸入されたことは注目される。 (→バダーリー遺跡 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android