コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松脂 まつやにpine resin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松脂
まつやに
pine resin

生松ロジン (固松脂) の2つに区分される。 (1) 生松脂 天然樹脂の一種。マツ属の樹幹を傷つけると分泌されるバルサムで,成分は樹脂分 (ロジン) 70~75%,精油 (テレビン油) 18~22%,水その他の不純分5~7%。そのうち樹脂酸は全体の 60~65%となっている。粘稠な液体で,長く放置すると精油成分が揮発して白色固形状になり,淡褐色に着色することもある。エーテル,アルコール,クロロホルム,酢酸に可溶,水に不溶水蒸気蒸留してテレビン油をとり,残部からロジン (固松脂) を得る。皮膚刺激薬として軟膏基剤とする。 (2) ロジン 樹脂酸 (80~97%) を主成分とする淡黄色のガラス様光沢のある塊状物質。表面は粉末でおおわれている。軟化点 80℃,融点 90~100℃。エチルアルコール,メチルアルコール,テレビン油に可溶,水に不溶。製紙用添加薬品,ワニス,印刷インキ,殺虫剤,ゴムの軟化剤および粘着剤などに用いられ,また,絆創膏,硬膏基剤などの医薬品としても使用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

松脂【まつやに】

マツ属の樹木から分泌される天然樹脂。樹幹に傷をつけて採取する。採取直後は無色透明でやや粘稠(ねんちゅう)な液体だが,時間がたつにつれて揮発成分を失って粘性を増し,白色固状物質を析出する。特有の強いにおいがあり,主成分はロジン(70〜75%),テレビン油(18〜22%)。エーテル,アルコール,クロロホルム,酢酸などに可溶。水蒸気蒸留によりテレビン油を留出,残渣(ざんさ)として固体のロジンが得られる。中国,米国が主生産国で,日本は大部分を両国から輸入。ロジンのみを松脂ということもある。
→関連項目樹脂封蝋

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しょうし【松脂】

まつやに。

まつやに【松脂】

天然樹脂の一。松などの針葉樹から分泌される粘りけのある液体。独特の芳香がある。固化すると黄褐色のもろいガラス状となる。生松脂なままつやに

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松脂
まつやに
turpentine

天然樹脂の一種。生(なま)松脂とロジンの二通りの意味がある。マツ科の植物の幹に傷をつけるとバルサム(生松脂)が分泌される。特有の強い芳香がある。生松脂を水蒸気蒸留して含有されているテレビン油を除去したのち、加熱して水分を除いて冷却固化した黄褐色のもろい樹脂がロジンである。主成分は樹脂酸(C20H30O2、アビエチン酸とビマル酸)と、一般式CnH2n-10O4のコロフェン酸からなる。ワニス、接着剤、ベルトの滑り止め、紙のサイジング剤などに利用する。特殊な用途としては、松脂とひまし油を混合し加温して得られた粘着物をハエ取り紙に使用したことがあった。[垣内 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松脂の関連情報