バックドア(読み)ばっくどあ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

バックドア

クラッカーやウイルスホストに不正侵入をするために作る「裏口」のことを指す。クラッカーがホストへの侵入に成功すると、次回以降は同じ侵入手順を踏まずに再侵入を簡単にする目的で、再侵入専用のサーバープログラムをそのホストに保存する。そしてクラッカーはこのバックドアを使って何度も侵入し、攻撃の足がかりにする。ウイルスが何らかの方法で自動的にバックドアを設置するという手法もある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

バックドア(backdoor)

裏口。また、自動車のテールゲートのこと。
コンピューターネットワークやサーバーに設けられた不正アクセスのための出入り口。クラッカーの侵入やコンピューターウイルスにより、ネットワーク管理者に気づかれないよう作られる。→バックドア型ウイルス
野球で、投手が投げる変化球の軌道の一。外角のボールゾーンからストライクゾーンに入ってくるもの。→フロントドア3

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バックドアの関連情報