コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バックドア ばっくどあ

3件 の用語解説(バックドアの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

バックドア

クラッカーやウイルスホストに不正侵入をするために作る「裏口」のことを指す。クラッカーがホストへの侵入に成功すると、次回以降は同じ侵入手順を踏まずに再侵入を簡単にする目的で、再侵入専用のサーバープログラムをそのホストに保存する。そしてクラッカーはこのバックドアを使って何度も侵入し、攻撃の足がかりにする。ウイルスが何らかの方法で自動的にバックドアを設置するという手法もある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

バックドア(backdoor)

裏口。また、自動車のテールゲートのこと。
コンピューターネットワークやサーバーに設けられた不正アクセスのための出入り口クラッカーの侵入やコンピューターウイルスにより、ネットワーク管理者に気づかれないよう作られる。→バックドア型ウイルス
野球で、投手が投げる変化球の軌道の一。外角ボールゾーンからストライクゾーンに入ってくるもの。→フロントドア3

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

情報セキュリティ用語辞典の解説

バックドア

不正侵入者が、一度マシンに侵入した後、再度このマシンへの侵入を試みる時の仕掛け。次回侵入のために裏口(バックドア)を仕掛けること。

出典|教育ネットワーク情報セキュリティ推進委員会(ISEN)
Copyright (c) ISEN. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バックドアの関連キーワードウイルスチェッカークラッカークラッキングソーダクラッカーナットクラッカーホストクラブライノウイルス侵入テストトラッカーチーズクラッカー

バックドアの関連情報