バティンダ(英語表記)Bhatinda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バティンダ
Bhatinda

インド北西部,パンジャブ州南部の町。アムリッツァルの南約 160kmに位置。周辺の灌漑農耕地で栽培されるコムギ,ヒヨコマメ,ワタなどを集散。スール朝のシェール・シャー (在位 1540~45) の築いた高さ 36mの城壁をもつ要塞がある。人口 15万 9114 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android