コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バデレアイト baddeleyite

世界大百科事典 第2版の解説

バデレアイト【baddeleyite】

鉱物名。化学組成ZrO2。単斜晶系で柱状・卓状結晶。通常は双晶になっている。{001}でへき開完全。無色透明であるが,微量成分の存在で褐色~黒色を呈する。モース硬度6.5,比重5.8。2715℃の高融点を有し,熱伝導度は小さい。屈折率は2.1以上と高い。1気圧,約1100℃で正方晶系に変態し,体積が減少する。ジルコニウムZrの地殻存在度は銅より多いが,ジルコンZrSiO4として一般に産出し,バデレアイトは非常にまれな鉱物である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

バデレアイトの関連キーワードジルコン系顔料バナジウムジルコニウム黄ジルコニアジルコンオサン式(鉱物化学)靭性脆性ファシビティカ岩セラミック繊維超硬合金

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android