コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バデレアイト baddeleyite

1件 の用語解説(バデレアイトの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

バデレアイト【baddeleyite】

鉱物名。化学組成ZrO2。単斜晶系で柱状・卓状結晶。通常は双晶になっている。{001}でへき開完全。無色透明であるが,微量成分の存在で褐色~黒色を呈する。モース硬度6.5,比重5.8。2715℃の高融点を有し,熱伝導度は小さい。屈折率は2.1以上と高い。1気圧,約1100℃で正方晶系に変態し,体積が減少する。ジルコニウムZrの地殻存在度は銅より多いが,ジルコンZrSiO4として一般に産出し,バデレアイトは非常にまれな鉱物である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バデレアイトの関連キーワード角閃石滑石輝銅鉱クラン十字石水マンガン鉱正長石単斜晶系カリ長石単斜輝石

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone