コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バドゥラ・スコダ Paul Badura‐Skoda

世界大百科事典 第2版の解説

バドゥラ・スコダ【Paul Badura‐Skoda】

1927‐ 
オーストリアピアニスト。E.フィッシャーに師事。1948年にデビューし,エジンバラザルツブルク音楽祭にも出演。60年からJ.デムス,A.ブレンデルとともにウィーン芸術週間でマスタークラスを担当して,教育活動も行う。レパートリーウィーン古典派の作品を中心とする。モーツァルトシューベルトの楽譜の校訂を手がけ,《ベートーベンのピアノ・ソナタ――演奏法と解釈》(1970。邦訳1970)などピアノ音楽に関する著作も多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

バドゥラ・スコダの関連キーワードアントーニオ ヤニグロイェルク デームスフジコ ヘミングウィーンヤニグログルダ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android