コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デムス Jörg Demus

世界大百科事典 第2版の解説

デムス【Jörg Demus】

1928‐
オーストリアのピアノ奏者。ウィーン国立音楽アカデミーでギーゼキングらに師事。1943年ウィーンでデビュー,56年ブゾーニ国際ピアノ・コンクールで第1位に入賞。柔らかく温かい音色に特色があり,しばしば新ロマン主義的な奏法と評される。古典派とともにシューベルトシューマン,とくにドビュッシーの演奏にかけては高い評価が与えられている。《演奏解釈の冒険》(1967)やバドゥラ・スコダとの共著で《ベートーベンのピアノ・ソナタ》(1970)などの著書もある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デムス
でむす
Jrg Demus
(1928― )

オーストリアのピアノ奏者。ザンクト・ペルテン生まれ。ウィーン国立アカデミーを卒業、さらにギーゼキング、ナット、ミケランジェリらに師事、1953年ウィーンでデビューした。独奏のほか、バドゥラ・スコダとのピアノ二重奏、室内楽、歌曲の伴奏で手広く活動する。バッハからドビュッシーまで広いレパートリーをもつ。61年(昭和36)初来日。18~19世紀の鍵盤(けんばん)楽器を収集、初演当時の楽器を用いて演奏することに情熱を燃やしている。[岩井宏之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デムスの関連キーワードGeneric PC Card modemモデムスクリプトファイルパウル バドゥラ・スコダアンヌ ケフェレックカーク ダグラスタンデム自転車アロサウルス5月23日アリキアグルダ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android