コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デムス Jörg Demus

2件 の用語解説(デムスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

デムス【Jörg Demus】

1928‐
オーストリアピアノ奏者。ウィーン国立音楽アカデミーギーゼキングらに師事。1943年ウィーンでデビュー,56年ブゾーニ国際ピアノ・コンクールで第1位に入賞。柔らかく温かい音色に特色があり,しばしば新ロマン主義的な奏法と評される。古典派とともにシューベルトシューマン,とくにドビュッシーの演奏にかけては高い評価が与えられている。《演奏解釈の冒険》(1967)やバドゥラ・スコダとの共著で《ベートーベンのピアノ・ソナタ》(1970)などの著書もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デムス
でむす
Jrg Demus
(1928― )

オーストリアのピアノ奏者。ザンクト・ペルテン生まれ。ウィーン国立アカデミーを卒業、さらにギーゼキングナットミケランジェリらに師事、1953年ウィーンでデビューした。独奏のほか、バドゥラ・スコダとのピアノ二重奏、室内楽、歌曲の伴奏で手広く活動する。バッハからドビュッシーまで広いレパートリーをもつ。61年(昭和36)初来日。18~19世紀の鍵盤(けんばん)楽器を収集、初演当時の楽器を用いて演奏することに情熱を燃やしている。[岩井宏之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デムスの関連キーワードクレメンティチェルニードホナーニブゾーニオーストリア併合譜捲りジュノム左手のためのピアノ協奏曲ガーシュウィンディヒラー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デムスの関連情報