バナジウムジルコニウム黄(読み)ばなじうむじるこにうむき(英語表記)vanadium-zirconia yellow

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セラミック顔料の一つ。ジルコニア(酸化ジルコニウム)ZrO2にバナジウムが固溶し、黄の発色をする顔料で、製法はZrO2にバナジン酸アンモニウムNH4VO3あるいは酸化バナジウム(Ⅴ)V2O5を配合、1300℃に焼成して得られる。色調を調節するため、少量の酸化チタン(Ⅳ)(二酸化チタン)TiO2を添加することがある。素地用にも一部使用されるが、大部分釉(ゆう)用である。バナジウムスズ黄が、酸化鉛(Ⅱ)、三酸化二ホウ素を含む釉に安定であるのに対し、これらには不安定である。バナジウムスズ黄よりは鈍い色調である。

[大塚 淳]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android