コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バニシングクリーム バニシングクリームvanishing cream

翻訳|vanishing cream

3件 の用語解説(バニシングクリームの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

バニシング‐クリーム(vanishing cream)

肌荒れの防止、化粧下、ひげそり後の手入れなどに用いる無脂肪性クリーム

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

バニシングクリーム

化粧用クリームの一種。無油性クリームの代表でグリセリンステアリン酸などが主剤。塗ると薄い膜になり,皮膚の通気性をそこなわず,水分と栄養を与える。化粧下にもよい。
→関連項目クリーム(化粧品)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

バニシングクリーム【vanishing cream】

脂肪分が少なく、皮膚に吸収されやすい化粧クリーム。皮膚の荒れ止めや洗顔後の皮膚の保護、化粧下などに適する。 → コールド-クリーム

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のバニシングクリームの言及

【クリーム】より

…人間の皮膚は通常皮脂腺から皮脂が,汗腺から汗が分泌され,皮膚表面で乳化して皮脂膜をつくり保護しているが,角質老廃物やほこりなどといっしょになった汚れた皮脂膜は洗顔で落としてしまうので,一時的に皮脂膜の代りに肌を保護するためと,寒気や風,健康状態などによって皮脂膜のできにくいとき,肌荒れを防ぎ肌にうるおいを与えるために用いる。一般的にはコールドクリームcold creamタイプと,バニシングクリームvanishing creamタイプとに分けられ,前者は油成分を水成分中に微細に分散乳化したものでo/w型(油性クリーム)と呼び,後者は逆に水成分を油成分中に分散乳化したものでw/o型(中油性・弱油性クリーム)と呼ぶ。コールドクリームはローマ皇帝マルクス・アウレリウスの侍医として有名だったガレノスの創製したガレノス蠟膏がもとといわれている。…

※「バニシングクリーム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone