コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バヒヤ宮殿 バヒヤきゅうでん

1件 の用語解説(バヒヤ宮殿の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

バヒヤきゅうでん【バヒヤ宮殿】

モロッコ第2の都市マラケシュにある宮殿。19世紀末、アラウィー朝の大宰相でムーレイ・ハッサンの片腕だったバ・アフメドの邸宅として、1894~1901年にスペインアンダルシア出身の建築家とフェズの職人によって建設された。そのため建物はアンダルシア調で、ムーア式の庭園にはオレンジジャスミンゼラニウムの木が植えられている。国王のハッサン2世が時々宿泊することもあり、彩り鮮やかタイルや細密画の装飾はスペインのアルハンブラ宮殿に負けない壮麗さといわれる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バヒヤ宮殿の関連キーワードマラケシュ赤らけし平らけし詳らけしモロッコ革安らけしジャッククール宮殿マラケシュフェスティバルマラケシュ協定エンシャーラ

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone