コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バヒヤ宮殿 バヒヤきゅうでん

世界の観光地名がわかる事典の解説

バヒヤきゅうでん【バヒヤ宮殿】

モロッコ第2の都市マラケシュにある宮殿。19世紀末、アラウィー朝の大宰相でムーレイ・ハッサンの片腕だったバ・アフメドの邸宅として、1894~1901年にスペイン・アンダルシア出身の建築家フェズの職人によって建設された。そのため建物はアンダルシア調で、ムーア式の庭園にはオレンジやジャスミンゼラニウムの木が植えられている。国王ハッサン2世が時々宿泊することもあり、彩り鮮やかなタイル細密画の装飾はスペインのアルハンブラ宮殿に負けない壮麗さといわれる。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

バヒヤ宮殿の関連キーワードモロッコ