コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バビントン陰謀事件 バビントンいんぼうじけんBabington Conspiracy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バビントン陰謀事件
バビントンいんぼうじけん
Babington Conspiracy

1586年イギリスで発覚した女王エリザベス1世殺害の陰謀事件。首謀者は旧教徒の聖職者ジョン・バラードで,84年ローマにおもむいて教皇から女王暗殺の許可を得た。パリ駐在のスペイン大使メンドサも彼を支援。かつてメアリー・スチュアートの小姓をつとめていたアンソニー・バビントンも仲間に入り,海外組織との連絡にあたった。彼らは,国内旧教徒やスペイン軍の助力を得て女王を殺害し,代りにメアリー・スチュアートを王位につける,という陰謀を企て,暗殺計画はバビントンが担当したが,彼とメアリー・スチュアートとの連絡が F.ウォルシンガムに探知され,一味は逮捕,処刑された。メアリー・スチュアートもこの事件が直接のきっかけになって翌年処刑された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

バビントン陰謀事件の関連キーワードベールズ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android