バファリン

デジタル大辞泉プラスの解説

バファリン

ライオンが販売する薬剤名のブランド。アセチルサリチル酸主成分とした鎮痛・解熱剤。代表的な頭痛薬のひとつ。日本での発売は1963年。現在は「バファリンA」のほか、主成分の異なる「バファリン プレミアム」「バファリンルナi」(主成分はイブプロフェンアセトアミノフェン)、「バファリンかぜEX」(主成分はイブプロフェン)などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android