バファリン

デジタル大辞泉プラスの解説

バファリン

ライオンが販売する薬剤名のブランド。アセチルサリチル酸主成分とした鎮痛・解熱剤。代表的な頭痛薬のひとつ。日本での発売は1963年。現在は「バファリンA」のほか、主成分の異なる「バファリン プレミアム」「バファリンルナi」(主成分はイブプロフェンアセトアミノフェン)、「バファリンかぜEX」(主成分はイブプロフェン)などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android