解熱剤(読み)げねつざい(英語表記)antipyretics

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

解熱剤
げねつざい
antipyretics

発熱時に熱を下げるために使われる薬剤。解熱と同時に,鎮痛,催眠作用のあるものも多い。最も広く使われているものは,スルピリンなどピリン系薬剤のほか,アセトアミノフェンフェナセチン,アスピリンなどである。ピリン系薬剤にはピリンアレルギーがあるので,服用時に注意が必要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

解熱剤の関連情報