コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バライチゴ(刺苺) バライチゴRubus illecebrosus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バライチゴ(刺苺)
バライチゴ
Rubus illecebrosus

バラ科の草状の小低木で,ミヤマイチゴともいい,本州中部と四国,九州の山地に生える。地下に長い根茎がはい,茎は直立し,高さ 40cmぐらい,無毛で角張り,とげを散生する。葉は有柄で互生し,奇数羽状複葉で,披針形小葉を1~3対つける。花は枝先に1個頂生し,白色で径は約 3cmほどである。萼片は卵状三角形,花弁は5枚で水平に開出し,広楕円形で萼片より長い。核果は小型球形で,多数集って楕円形となり赤く熟する。食用になる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android