バリサン[山脈](読み)バリサン

百科事典マイペディアの解説

バリサン[山脈]【バリサン】

インドネシアのスマトラ島西海岸北端のアチェ地方から南端まで縦走する山脈。火山活動を伴い,最高峰クリンチ山をはじめ高峰が多い。しかし山間には高原,湖水が散在し,中部の肥沃なミナンカバウ高原はスマトラで最も人口が集中する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バリサン[山脈]【Pegunungan Barisan】

インドネシア,スマトラ島西岸を北西から南東に貫く脊梁山脈。延長1600km。火山活動を伴い,スマトラ島最高峰のクリンチ山(3805m)をはじめ,多数の活火山がそびえる。山間には多くの高原や湖が分布し,これら高原は熱帯でのすぐれた居住環境をなすため,古くからスマトラの人口集中地となった。近年,中部のバタク高原,パダン高原などは休養地,観光地としても発展している。【別技 篤彦】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のバリサン[山脈]の言及

【スマトラ[島]】より

…人口4100万(1996)。大スンダ列島の西端をなし,西海岸に沿いヒマラヤ系統の高いバリサン山脈が島を北西から南東に貫く。この山脈は火山活動を伴い,最高峰クリンチ山(3805m)をはじめ,多数の高山がそびえる。…

※「バリサン[山脈]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android