コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルクハウゼン Heinrich Georg Barkhausen

大辞林 第三版の解説

バルクハウゼン【Heinrich Georg Barkhausen】

1881~1956) ドイツの物理学者・電気工学者。バルクハウゼン効果・バルクハウゼン-クルツ振動を発見し、超短波用電子管発展の基礎を築いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バルクハウゼン
ばるくはうぜん
Georg Heinrich Barkhausen
(1881―1956)

ドイツの物理学者、電気工学者。バルクハウゼン効果で知られる。1907年ゲッティンゲン大学を卒業したのち、ジーメンスの研究所に入る。1911年ドレスデン大学の通信工学教授となる。強磁性体にコイルを巻いたものに外から磁場をかけるとき、磁壁の不連続的な移動によって磁化が変化するため二次コイルに起電力が誘起される現象(バルクハウゼン効果)を発見した。ほかに三極管内の電荷の振動によるバルクハウゼン‐クルツ振動と、これを利用した超短波発振用のBK管の研究が知られている。[常盤野和男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

バルクハウゼンの関連キーワード12月2日八木 秀次岡部金治郎八木秀次