バルジェロ美術館(読み)バルジェロびじゅつかん(英語表記)Museo Nazionale del Bargello

世界大百科事典 第2版の解説

バルジェロびじゅつかん【バルジェロ美術館 Museo Nazionale del Bargello】

イタリアのフィレンツェにある国立美術館。中世以降のおもにトスカナ地方の彫刻工芸品を収蔵する。建物は1255年にカピターノ・デル・ポポロ(外国人の隊長)の居館として起工され,61年にはポデスタ(行政長官)の,そして1574年には美術館の名称が由来するバルジェロ(外国人の警察署長)の庁舎になった。1857年に,それまでウフィツィ美術館そのほかに収められていた絵画を除く彫刻,工芸品などを展示するために改修が開始され,65年に国立美術館として開館した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android