バルジェロ美術館(読み)バルジェロびじゅつかん(英語表記)Museo Nazionale del Bargello

世界大百科事典 第2版「バルジェロ美術館」の解説

バルジェロびじゅつかん【バルジェロ美術館 Museo Nazionale del Bargello】

イタリアのフィレンツェにある国立美術館。中世以降のおもにトスカナ地方彫刻,工芸品を収蔵する。建物は1255年にカピターノデルポポロ(外国人の隊長)の居館として起工され,61年にはポデスタ(行政長官)の,そして1574年には美術館の名称が由来するバルジェロ(外国人の警察署長)の庁舎になった。1857年に,それまでウフィツィ美術館そのほかに収められていた絵画を除く彫刻,工芸品などを展示するために改修が開始され,65年に国立美術館として開館した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android