コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルジェロ美術館 バルジェロびじゅつかん Museo Nazionale del Bargello

1件 の用語解説(バルジェロ美術館の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

バルジェロびじゅつかん【バルジェロ美術館 Museo Nazionale del Bargello】

イタリアのフィレンツェにある国立美術館。中世以降のおもにトスカナ地方の彫刻,工芸品を収蔵する。建物は1255年にカピターノ・デル・ポポロ(外国人の隊長)の居館として起工され,61年にはポデスタ(行政長官)の,そして1574年には美術館の名称が由来するバルジェロ(外国人の警察署長)の庁舎になった。1857年に,それまでウフィツィ美術館そのほかに収められていた絵画を除く彫刻,工芸品などを展示するために改修が開始され,65年に国立美術館として開館した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バルジェロ美術館の関連キーワードウフィツィ美術館フィレンツェフィレンツェ派ベロッキオフィエーゾレマサッチョフィレンツェの思い出カステルヌーヴォ=テデスコウフィッツィ美術館フィレンツェ風

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone