コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルト海沿岸諸国評議会 バルトかいえんがんしょこくひょうぎかい Council of the Baltic Sea States; CBSS

2件 の用語解説(バルト海沿岸諸国評議会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バルト海沿岸諸国評議会
バルトかいえんがんしょこくひょうぎかい
Council of the Baltic Sea States; CBSS

バルト海沿岸 11ヵ国 (デンマークノルウェースウェーデンフィンランドロシア連邦エストニアラトビアリトアニアポーランドドイツアイスランド) の外務大臣ヨーロッパ委員会で構成される評議機関。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バルト海沿岸諸国評議会
ばるとかいえんがんしょこくひょうぎかい
Council of Baltic Sea States

略称CBSS。バルト海沿岸諸国評議会は、1992年3月にコペンハーゲンでの外相会議によって設立された地域協力の協議組織。活動は年1回の外相会議を軸に、いくつかの分野別(新たに民主主義体制をとった国々への援助、経済・技術協力人権問題、環境・エネルギー文化交流・観光、運輸・通信)の専門家会合などからなっている。加盟国はデンマーク、エストニア、フィンランド、ドイツ、アイスランド、ラトビア、リトアニア、ノルウェー、ポーランド、ロシア、スウェーデンの11か国および欧州委員会。そもそもこの協力関係はバルト海の環境保護という現実的な共通利害を有しているうえに、北欧会議などで地域協力の経験豊富な北欧諸国が積極的にかかわっており、また経済大国ドイツと政治的な大国ロシアが参加していることから、単なる実務協力という枠にとどまらず、冷戦後のヨーロッパ秩序再編に政治的影響力を及ぼしうる地域協力としても注目されてきた。[広瀬佳一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バルト海沿岸諸国評議会の関連キーワードデンマークデンマーク王立バレエ団北方戦争デンマーク連合王国ヒーウマー島カール[12世]ボーンホルム[島]バルト帝国ブレムセブルーの和議デンマーク温血種 (Danish Warmblood)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone