コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バレエ・リュス・ド・モンテカルロ バレエ・リュス・ド・モンテカルロ Ballets Russe de Monte Carlo

2件 の用語解説(バレエ・リュス・ド・モンテカルロの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バレエ・リュス・ド・モンテカルロ
バレエ・リュス・ド・モンテカルロ
Ballets Russe de Monte Carlo

モナコ,モンテカルロバレエ団。 S.ディアギレフの死後,彼の創立したバレエ・リュスの遺産を継承,保存するために 1932年 W.ド・バジルと R.ブルムによって設立された。振付師に G.バランシン,L.マシーンダンサーとして A.ダニロワ,T.トゥマノワらが参加し,バレエ・リュスレパートリーをおもに上演。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

バレエ・リュス・ド・モンテカルロ

セルゲイ・ディアギレフのバレエ・リュスが1929年に解散した後、その遺産を継承すべく結成されたバレエ団。実際には2つの異なるバレエ団があった。まず32年に元コサックド・バジル大佐と、モンテカルロ歌劇場の芸術監督のルネ・ブリュムが共同で「バレエ・リュス・ド・モンテカルロ(Les Ballets Russes de Monte Carlo)」を結成。36年にド・バジルがブリュムを追い出し、「ド・バジル大佐のバレエ・リュス」と改名。その後このバレエ団は「コベントガーデン・バレエ・リュス」「オリジナル・バレエ・リュス」と改名し、48年に解散。いっぽう、ブリュムは38年に「バレエ・リュス・ド・モンテカルロ(Le Ballet Russe de Monte Carlo)」を結成、42年からはロシア出身の興行師セルゲイ・デナムが監督となり、62年まで存続した。どちらのバレエ団も、ディアギレフのバレエ・リュスのように新しいバレエを開拓することはできなかったが、世界各地で公演してバレエを普及するとともに、ディアギレフのバレエ・リュスの作品を現代に継承するのに貢献した。アメリカで「バレエ・リュス」といえば、ふつうディアギレフの「バレエ・リュス」ではなく、この2つのうちのいずれかを指す。2007年に日本公開された映画『バレエ・リュス』は、この2つのバレエ団にいた人々の活躍とその後を描いたドキュメンタリーである。

(鈴木晶 舞踊評論家 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バレエ・リュス・ド・モンテカルロの関連キーワードバレエ・リュスプルチネッラマシンモダンバレエバラの精パラードモンテカルロ・バレエ団ストラヴィンスキー:ペトルーシュカ/piano soloグーセンス:バレエ音楽 「クリノリン・バレエ学校」/piano soloバレエ・リュッス・ド・モンテ・カルロ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone