コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バレエ・リュッス・ド・モンテ・カルロ Ballet Russes de Monte Carlo

世界大百科事典 第2版の解説

バレエ・リュッス・ド・モンテ・カルロ【Ballet Russes de Monte Carlo】

ディアギレフの病死によって解散(1929)したバレエ・リュッスの後を継いで組織されたフランスのバレエ団。コサックの大佐ド・バジールColonel de Basil(1888‐1951)とモンテ・カルロ歌劇場支配人ブルムRené Blum(1878‐1942)によって1932年モンテ・カルロにおいて第1回公演が行われた。ディアギレフの後を継ごうとした多くの企てのなかで,このバレエ団が最も成功した。その原因は,ディアギレフ一座の支え手の一人であったグリゴリエフSergei Grigoriev(1883‐1968)を舞台監督に迎え,同じく主役舞踊手であったA.ダニロワ,チェルニショワ,ボイジコフスキーらを擁して演目の水準の維持,座員の質の向上を図ったことである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

バレエ・リュッス・ド・モンテ・カルロの関連キーワードアンタル ドラティコープランドディアギレフニジンスカドラティダニロワマシン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android