石核(読み)せっかく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石核
せっかく

英語ではコア core,フランス語でナクラス nucleusと呼ばれる。剥片石器を打剥する原材。1つ,あるいはいくつかの剥片が打剥された石核それ自体は残核として放棄されるが,ときとして加工して用いられたものもある。石核に残された剥離面,調整面,あるいは多面体,亀甲体,円盤体,プリズム体,円錐体などの形状から,剥片石器の発達を示すさまざまな特徴的作製技法をうかがうことができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せっ‐かく〔セキ‐〕【石核】

石器をつくるとき、剝片(はくへん)をはぎとった残りの芯(しん)の部分。コア。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せっかく【石核】

石器をつくるとき、原石から剝片はくへんを打ち欠いて残った部分。コア。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石核
せっかく
core

コア。石器をつくる際に、原石から剥片(はくへん)をはがし取った残りの芯(しん)にあたるもの。形の整った剥片を得ようとする場合には、あらかじめ原石に加工して、円筒形、円錐(えんすい)形、半円錐形、円盤形、舟底形、亀(かめ)の子形などの形をつくっておくが、これらは調整石核とよばれる。前期旧石器時代の後半以後、フランスのルバロワ遺跡の名をとってルバロワ型と名づけられた亀の子形石核から剥片をとる技術が生まれ、アフリカからヨーロッパ、さらにアジアの一部にまで広がった。また、後期旧石器時代に入ると、長さと幅の比率が2対1以上の細長い剥片――石刃を連続的に多量生産するための石刃核がつくりだされ、文化発展のための基本的な素材となった。[芹沢長介]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の石核の言及

【化石】より

…内形雄型は二枚貝などの場合,対になった貝殻の間に粘土を入れてはさめば容易に得られるが,自然状態でも各種の岩石や鉱物により形成されている。これを核ないし石核(ドイツ語ではSteinkern)という。 古生物の生活活動の痕跡が岩石や鉱物の形で残存しているものは生痕化石と呼ばれる。…

※「石核」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android