コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンコール バンコールBancor

1件 の用語解説(バンコールの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

バンコール(Bancor)

1944年のブレトンウッズ会議において英国代表をつとめたケインズが提唱した国際決済通貨。英語のbank(銀行)と仏語のor(金)を組み合わせた造語。米国の反対で実現せず、ドルを基軸通貨とする体制が始まった。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のバンコールの言及

【国際通貨制度】より

…後者は,国際取引の決済はすべて外国為替市場を通して行われ,通貨当局は市場における決済手段の過不足を調整するという市場方式を主張していた。したがってケインズ案では,中心となる国際機関は,各国の中央銀行の中央銀行,つまり世界中央銀行としての機能をもち,国際通貨(J.M.ケインズはそれをバンコールbancorと名づけた)を創出し発行する。しかしホワイト(財務省通貨研究部長)案では,その国際機関は,そのとき為替相場のもとで決済手段の不足に直面した国の通貨当局に対し,各国から拠出された金や各国通貨を短期間貸し付けるにとどまる。…

※「バンコール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

バンコールの関連キーワードもの派沖縄戦カリブ文学直木賞神崎武雄サンホセ信州大学弘前大学ペリリュー[島]宮崎大学

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バンコールの関連情報