コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンコール Bancor

デジタル大辞泉の解説

バンコール(Bancor)

1944年のブレトンウッズ会議において英国代表をつとめたケインズが提唱した国際決済通貨。英語のbank(銀行)と仏語のor(金)を組み合わせた造語。米国の反対で実現せず、ドルを基軸通貨とする体制が始まった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のバンコールの言及

【国際通貨制度】より

…後者は,国際取引の決済はすべて外国為替市場を通して行われ,通貨当局は市場における決済手段の過不足を調整するという市場方式を主張していた。したがってケインズ案では,中心となる国際機関は,各国の中央銀行の中央銀行,つまり世界中央銀行としての機能をもち,国際通貨(J.M.ケインズはそれをバンコールbancorと名づけた)を創出し発行する。しかしホワイト(財務省通貨研究部長)案では,その国際機関は,そのとき為替相場のもとで決済手段の不足に直面した国の通貨当局に対し,各国から拠出された金や各国通貨を短期間貸し付けるにとどまる。…

※「バンコール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

バンコールの関連キーワードトラバンコール・コーチン藩王国モンコンブ スワミナタントラバンコール・コーチンティルバナンタプラムパドマナーバプラムプーテンマリガ宮殿ナーラーヤナンパーンディヤ朝ナーゲルコイルエルナークラムトリバンドラムトリフィン案国際通貨基金シャンクガイナラヤナンコショウクイロンケララ州コバラムバーサ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android