バンダ・アチェー(読み)ばんだあちぇー(英語表記)Banda Atjeh

日本大百科全書(ニッポニカ)「バンダ・アチェー」の解説

バンダ・アチェー
ばんだあちぇー
Banda Atjeh

インドネシア、スマトラ島北西端の都市。ナングロ・アチェー・ダルサラム州(旧アチェー特別州)の州都。マラッカ海峡に面する港湾都市で第二次世界大戦後コタ・ラジャにかわりアチェー特別州の州都となった。オランダ領時代の旧称はシグリSigli。人口15万4767(2000)。イスラム寺院が多く、イスラムの慣習が厳しく守られている。周辺地域のコショウ、ゴム、コプラの積出し港であるとともに、スマトラ北海岸の鉄道、国道の要地となっている。

[別技篤彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

三内丸山遺跡

青森市中心部の南西,沖館川の南に面する丘陵地帯に広がる縄文時代の遺跡。 1992年発掘開始。 1994年約 4500年前のものと推定される直径 1.8mの柱穴6個と,直径 80cmのクリ材と思われる木...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android