コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンデロ Matteo Bandello

2件 の用語解説(バンデロの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

バンデロ【Matteo Bandello】

1485‐1561
イタリアの小説家。北イタリアに生まれ,パビア大学に学んだのち,ドメニコ会の修道士となる。冒険好きで世俗的野心家だった彼は,政治や軍事に興味をもってエステ家スフォルツァ家に仕えた。1526年僧籍を離脱,フランス軍の武将チェーザレ・フレゴーソに仕官,スペイン軍と戦った。フレゴーソが暗殺されたのち,その未亡人とともに,フランスに赴いてアンリ2世の庇護をうける。50年アジャンの司教に任ぜられ,学問と創作に専念した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バンデロ
ばんでろ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のバンデロの言及

【ノベラ】より

…デカメロンの成功は多くの類似作品を生み出した。フィレンツェのセル・ジョバンニが1383年以降執筆した《イル・ペコローネ》(シェークスピアの《ベニスの商人》で有名な人肉裁判の話を含む50話)やサッケッティの《トレチェント・ノベレ》(邦訳《ルネッサンス巷談集》),ルッカのセルカンビの《ノベレ》(15世紀初頭),さらにミラノのバンデロの《ノベレ》などがある。文学的には必ずしもすべてが優れたものではなく,退屈なものも多い。…

※「バンデロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バンデロの関連キーワードデレッダマンゾーニランドルフィイタリアンカラバッジョゴンクールANSAイタリアンカジュアルイタリアのハロルドベルガマスコ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バンデロの関連情報