コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンデロ Matteo Bandello

世界大百科事典 第2版の解説

バンデロ【Matteo Bandello】

1485‐1561
イタリアの小説家。北イタリアに生まれ,パビア大学に学んだのち,ドメニコ会の修道士となる。冒険好きで世俗的野心家だった彼は,政治や軍事に興味をもってエステ家やスフォルツァ家に仕えた。1526年僧籍を離脱,フランス軍の武将チェーザレ・フレゴーソに仕官,スペイン軍と戦った。フレゴーソが暗殺されたのち,その未亡人とともに,フランスに赴いてアンリ2世の庇護をうける。50年アジャンの司教に任ぜられ,学問と創作に専念した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バンデロ
ばんでろ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のバンデロの言及

【ノベラ】より

…デカメロンの成功は多くの類似作品を生み出した。フィレンツェのセル・ジョバンニが1383年以降執筆した《イル・ペコローネ》(シェークスピアの《ベニスの商人》で有名な人肉裁判の話を含む50話)やサッケッティの《トレチェント・ノベレ》(邦訳《ルネッサンス巷談集》),ルッカのセルカンビの《ノベレ》(15世紀初頭),さらにミラノのバンデロの《ノベレ》などがある。文学的には必ずしもすべてが優れたものではなく,退屈なものも多い。…

※「バンデロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バンデロの関連キーワードスフォルツァ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android