コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンブラー John Vanbrugh

世界大百科事典 第2版の解説

バンブラー【John Vanbrugh】

1664‐1726
イギリスの劇作家で数少ないバロック建築家。商人の子としてロンドンに生まれ,軍人となってフランスに渡る。一時スパイの嫌疑をかけられ,捕らえられていたが,この間に劇作を始めた。帰国後,社交界の乱れた男女関係を描いた《逆戻り》(1696初演)によって人気を得る。続いて《挑発された妻》(1697),《共謀》(1705)などの喜劇を発表し,王政復古期に始まるイギリス風習喜劇の代表作家の一人となる。作風は繊細さを欠くが,題材の処理に鋭さがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のバンブラーの言及

【ブレニム宮殿】より

…イギリスのマールバラ公ジョン・チャーチルがオックスフォード近郊に建てた18世紀最大のカントリー・ハウスで,イギリス・バロック建築の代表作。1704年,同公がドイツのブレンハイムの戦に勝利したことを祝福するため,アン女王が大邸宅の下賜を決め,バンブラーを建築家として,05‐25年に建設された。巨大な中庭を抱く主屋と,主屋に匹敵する規模の左右パビリオンからなる。…

※「バンブラー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バンブラーの関連キーワードブレニム宮殿ホークスムアシェリダン

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android