バン・ローン(読み)バンローン

百科事典マイペディアの解説

バン・ローン

米国の著述家オランダに生まれ,若くして米国移住。海外特派員をしつつオランダ史関係の著作を発表。百科全書的知識をやさしく展開した《人類物語》(1921年)は十数ヵ国語に訳され,また《聖書物語》(1923年)や,青少年向きの伝記は広く親しまれた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バン・ローン
ばんろーん
Hendrik Willem Van Loon
(1882―1944)

オランダ生まれのアメリカの著述家。コーネル大学卒業後、海外特派員として外国に渡り、ミュンヘン大学で博士号を取得した。『世界人類物語』(1921)、『聖書物語』(1923)などの子供向け歴史物語のほかに、レンブラントの小説的伝記『R対R』(1930)、『バン・ローンの地理学』(1932)、『トマス・ジェファソン』(1943)、自伝『バン・ローンの生活』(1942)など、その著作は多岐にわたっている。[原川恭一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android